タイミングを計るほどの混雑でした

お正月にデパートに出かけました。すると、すさまじい人込みです。七年ぐらい前に、大阪のヨドバシ電気に、元旦に出かけたときは、歩くところもないほどの混雑で、みんながその場所が大好きであることを知りました。お祭りのような騒ぎでしたから。お買い物などできるのかどうかと思いましたが。
そこまでではありませんが、デパートの混雑もすごかったです。エスカレーターが混雑すごくて、流れ以外で、侵入しないといけないときには、タイミングを見ないといけないという有様です。
そこで、何とか、エスカレータに乗り、目的の階まで進んでいったのですが、前の集団が、五十歳以上の女性三人ぐらいと五歳ぐらいの女の子の集団でした。親戚なのか、親子というには、すべての人が同じぐらいの年だし、兄弟というほど似ていないのです。どういった集まりなのだろうと思いました。
そこで、職場の仲間なのかなあと思ったのです。結構、そのくらいの年の女性太刀を見かけたりするものですから。

4年間住んでいた地域がこんな所とは

私は大学は県外に出て1人暮らしをしていました。場所は福岡県北九州市です。北九州市は私も大学を選ぶことまで知らなかった都市ですが、九州の入り口で新幹線も通っており交通機関が便利なところでした。

大学の4年間は同じく県外出身者もいましたが、仲の良い男の子は北九州出身の地元の子が多かったのです。話し方は独特で、今九州出身の芸人さんが話しているところを聞くととても懐かしい方言です。

大学時代と言っても20年ほど前のことですが、特にトラブルに巻き込まれる事無く1人暮らしを終えることができました。大学生活もとても充実していて、友達関係も良好で今でもお互い連絡を取り合う仲で一生の友達ができました。
けれど、先日「日本一スゴイ成人式」として紹介されていてすごく男女ともに派手な着物で着飾った若者がテレビ画面に映し出されていました。男性は赤や青の羽織袴、女性は花魁のような着物の着方ですごく独特な雰囲気。私は地元で成人式を済ませたので知らなかったのですが、4年間住んでいた地域はすごい所だったんだと今頃知りました。

東京にに戻ってきてからは会社員として日々成長していると思います。部屋の掃除や洗濯にいそしみ、仕事もバリバリ。でもなかなか時間が作れないのがネック。物があふれていくんですね。整理整頓はしなくちゃならないんだけど。部屋自体が狭く感じてきました。港区にはいろんなレンタルスペースやトランクルームもあるので思い切って預けようかな。

エアトランクなんかはこの港区にもあるので便利がいいと思うのですが。いくらくらいかかるのかな?

毎年紅白を見ているけれど、今回は

紅白はなかなか楽しかったですね。なんでかなぁあ、と思ったら、ウッチャンナンチャンの内村さんが出ていたからかもしれないなぁと思いました。

昔っから、内村さんって好きなんですよね。カッコいいとかそういうのではないのですが、なんか見ていたら落ち着きませんか?ニュースで、父性的だと出ていましたが、まさにそうだなぁ、と感じました。

ところで、今回の紅白のメインイベントはなんといっても安室奈美恵さんですよね。夫も、もれなく安室奈美恵ファンなので、テレビにかじりついて見ていました。

安室ちゃんも口コミとか見てビューティーオープナー使ってるのかな?なんか私と肌質同じなんだもの!しかし
まさか、引退されるとは思いませんでしたよね。まだまだ若いのに、と思ったら、まぁそこそこな年齢でしたね。本当、あの見た目はすごいです。ピッチピチですよね。美魔女を通り越していますよ。

このこともあったので、赤組が勝つのかなぁと思っていたら、白組が勝ちましたね。ビックリしました。そこは、赤組でお願いしますよー。

そんなこんなで、今回の紅白は見応えがありました。

除毛は必要なときにしています

除毛はそんなに熱心にしていません。もちろん脱毛なんて私はたぶんこれからもやらないと思います。脱毛というのは体毛を根っこから引き抜くことを言いますね。根っこから引き抜かれたらどんなものでも痛みを感じるでしょう?植物だって根っこから引き抜かれたら死んでしまいますよね。

体毛だって根っこから引き抜かれた瞬間死んでしまいます。毛根が生きていればまた新しい毛が生えてきますが、何度も何度も脱毛していたらやがて毛根が死んでしまいます。そうなってからいくら毛が生えてこないと悩んだって遅いのです。

脱毛のイメージは私にとってはそういう感じ・・・脱毛にはあまり良いイメージはないですね。除毛ならイメージとしては必要なときにすれば良いというくらいでそれ以上でもそれ以下でもありません。

私は必要なときにカミソリで除毛しています。除毛する部分としては脇の下がトップでその次にすね毛。脇の下は冬場は伸ばしっぱなしですが夏になると手入れします。

http://www.seseragi-gallery.com/

 

お金をおろすのも大変な時代です

未来予測の番組も拝見しました。銀行が少なくなるというのは、大変困りますよね。実際のところ、本当にキャッシュディスペンサーが少なくて、困っています。長蛇の列で、時間を待たないといけません。すると、暇な人間はいいのですが、働いている人は、休み時間にお金を出金することができず、手数料がかかってしまうのではないかと恐れてしまいます。コンビニで、手数料のかからない、銀行のサービスを使うのもありですが、記帳はできませんよね。
あの長蛇の列を見ながら、これからは、お金をおろすのも簡単にはできないし、働く人は、大変だと思いました。
もちろん、電子の決済機能を使えばいいのでしょうが、その電子の決済も、好きな人とそうでない人に別れるし、そこまでのデジタルをどれほどの人が希望するのかというところですよね。なんだか、デジタルを希望する人はそうは多くはないような気がします。金額の大きさではなく、人数的な様子でいうとです。

むだ毛のイメージはそんなに悪くない

むだ毛のイメージって私はそんなに悪くないんです。それはたぶんツルツルの肌が美しいと思わないから。ツルツルの肌はいかにも「脱毛しています」「むだ毛の処理に力を入れています」という感じがするし、それに加えて肌のシミが目立つからそんなに美しいと思えません。

若い女性で全身脱毛している人を知っていますが、彼女の腕にはたしかにほとんど毛が生えていません。脱毛専門エステで脱毛しただけのことはあるように見えますがよく見ると所々毛が生えているんですよね・・・。そういう毛はかえって目についてしまうし、遠目で見るとツルツルの肌に見えるけれど近くで見るとシミが目立っています。

シミやほくろが目立ってしまうのは腕の毛を脱毛したから。毛がある状態ならシミやほくろは毛に隠れてごまかせます。脱毛サロンで脱毛してしまったら全てがあらわになってしまうのだから私は脱毛するつもりはありません。だからむだ毛のイメージは私にとって悪くないのです。